クルーズ船

平成29年1月31日、八代港は国により「官民連携による国際クルーズ拠点港」に選定されました。

これは、港湾管理者である熊本県と民間事業者であるロイヤルカリビアン・クルーズ社が連携し、クルーズ船受入れのための専用施設や集客施設を整備するなど、クルーズ船受入れのための環境を整えるものです。

平成31年度までには世界最大級の22万トン級の大型クルーズ船が入港可能な専用岸壁がオープンし、旅客船受入れに必要な大型バス駐車場や旅客ターミナルも完成する予定です。これにより、年間を通じてのクルーズ船の受入れが可能となり、クルーズ船の寄港数が大幅に増加する見込みで、地域経済の発展に大きく寄与するものと期待されています。

弊社は平成28年7月から、ロイヤルカリビアン・クルーズ社の八代港における専属船舶代理店を務めており、クルーズ船の入出港に係る税関、検疫所、入国管理局、海上保安部、港湾管理者等の多くの手続きを行っています。
さらに、入出港時の水先人やタグボートの手配、乗組員の乗下船の手配、船用品や食料・飲料水の手配等々さまざまな業務を伴います。
これらすべての業務を船会社に代わって行う船舶代理店は、港湾機能を支える重要な役割を担っています。

当社は八代港と熊本港を中心に、船舶代理店として多くの船会社から指定を受け、船舶の安全かつ迅速な運航をサポートしています。

クルーズ船
クルーズ船

八代港から世界へ 松木運輸株式会社