松木運輸株式会社 > アジア地域 > コンテナ事業

コンテナ事業

コンテナ事業

八代港・熊本港では韓国釜山港と結ぶ国際コンテナ定期航路がそれぞれ週3便就航しています。

弊社は在来線の船舶代理店だけでなく、八代港・熊本港の両港において韓国船社の長綿商船株主会社殿の船舶代理店を務めています。
世界のハブ港である釜山港を経由することにより、世界各地の港と貿易を行うことが可能です。

八代港のコンテナ貨物は毎年増え続けており、平成29年はコンテナ取扱量が過去最高となりました。
弊社が代理店をしているシノコー成本のコンテナ船も順調に伸びていて、常に100本を超えての入港になっております。

コンテナでの輸出入については利用促進のための充実した助成制度がありますので、お気軽にお問い合わせください。

コンテナ事業コンテナ事業

釜山航路

運航ルート 釜山(月)→ 長崎(火)→ 熊本(火)→ 八代(水)→ 釜山(木)→ 伊予三島(金)→ 福山(金)→ 水島(土)→ 釜山(日)
船 種 フルコンテナ船 261TEU
運航会社 長綿商船株式会社
日本総代理店 株式会社 シノコー成本
就航年月 八代港 2013年6月
熊本港 2016年8月
船舶代理店 【八代港】
松木運輸株式会社
熊本県八代市新港町4丁目5番5
TEL.0965-37-1101 FAX.0965-37-2794
MAIL: unyu-kouwan1@g-matsuki.co.jp
【熊本港】
松木運輸株式会社 熊本港シッピングサービス
熊本県熊本市南区流通団地2丁目20-3
TEL.096-334-6633 FAX.096-334-6634
MAIL: fujimoto@matsukigroup.onmicrosoft.com

上記以外の国際コンテナ定期航路の就航状況は次のとおりです。

【八代港】

運航ルート 八代(火)→ 釜山(水)・(日)→ 長崎(月)→ 熊本(火)
運航会社 高麗海運株式会社
日本総代理店 高麗海運ジャパン株式会社
就航年月 1999年7月
船舶代理店 日本通運株式会社
運航ルート 八代(金)→ 薩摩川内(金) → 釜山(土)→ 薩摩川内(月)→ 三池(火)→ 釜山(水)→ 三池(木)
運航会社 興亜海運株式会社
日本総代理店 三栄海運株式会社
就航年月 1999年6月
船舶代理店 八代港運株式会社

【熊本港】

運航ルート 熊本(火)→ 八代(火)→ 釜山(水)・(木)→ 熊本(土)→ 長崎(土)→ 釜山(日)
運航会社 高麗海運株式会社
日本総代理店 高麗海運ジャパン株式会社
就航年月 1999年7月
船舶代理店 日本通運株式会社

 

輸入の流れ

Step:1本港入港
船舶代理店業者が入港手続(海上運送事業)本港入港
Step:2船 卸

本船からコンテナヤードへガントクレーンによりコンテナが船卸されます。

港湾荷役業者が船場作業(港湾運送事業)船卸

Step:3申 告(通 関)

搬入確認後、税関に対し輸入通関を行います。通常、NACCSにより申告が行われます。

通関業者が輸入申告(通関業)他法令の手続き

動植物検疫、輸入食品届、その他法令の規定による輸入許可・承認を必要とする貨物については、予め別途各省庁による輸入許可を必要とします。

申告(通関)

Step:4審 査・検 査
税関検査

申告後、税関の判断により、検査が行われるケースがあります。

検査の種類

  • 全量検査
  • 見本検査
  • X線検査 など

審査・検査

Step:5許 可・取 引

関税・消費税を納付後、許可となります。ここで貨物の引き取りが可能となります。

 許可・取引

Step:6配 送
トレーラー・トラック等で輸送(一般貨物自動車運送事業)配送


輸出の流れ

Step:1VANNING・貨物搬入

輸出しようとする貨物をコンテナヤードに搬入します。

トレーラー・トラック等で輸送(一般貨物自動車運送事業)VANNING・貨物搬入

Step:2申 告(通 関)
通関業者が輸出申告(通関業)申告(通関)
Step:3審 査・検 査
税関検査

申告後、税関の判断により、検査が行われるケースがあります。

検査の種類

  • 全量検査
  • 見本検査
  • X線検査 など

審査・検査

Step:4許 可・取 引
 許可・取引
Step:5船 積

コンテナヤードから本船へガントリークレーンによりコンテナが船籍されます。

港湾荷役業者が船籍作業(港湾運送事業)船積

Step:6出 航
 出航


八代港から世界へ 松木運輸株式会社